札幌 震度5強~6弱の地震を受けて

この記事は約5分で読めます。
たにさん
たにさん

北のおっさんは札幌住みでした。今回強い地震に見舞われましたが、その中で困った事や疑問に思った事をメモしていきます。

停電

車乗る人は信号が消えてるのが一番困ったはず。困るっていうか怖い。優先道路の考えと左優先の考え、交差点内進入禁止の考えで、譲り合いを忘れずに慎重に進めばなんとかなる。けど、大きい道路はやはり怖い。

でも危険で大きい道路の場合、警察官が配置される事が多いです。

たにさん
たにさん

警察官の誘導は「命令」なので、必ず言う事聞かないと「違反」になりますので注意しましょう!

 

マンション等の多層階の建物で、水を引き入れポンプで汲み上げる方式の場合は、今回のような大停電になった際には水が出なくなる事があるようです。アパートや一軒家等で、ポンプ等を使わずに水を直接引き入れている場合は出ています。

たにさん
たにさん

アパートや一軒家から水を分けてもらえると思いますが、日頃の近所付き合いは大切ですね。

 

食料

これ困っている人多いと思います。非常に困る。広域災害になると、ほとんど全住民が近くのスーパー・コンビニ、離れのスーパー・コンビニに殺到します。そして1家族1箇所ではない場合も多く、家族でママはあっち、パパはこっち等で手分けしたりするケースもあります。生き延びる為の行為なので、先は不明確なのですから、これを咎める事は誰にも出来ないでしょう。

たにさん
たにさん

日本の災害からの復興努力は世界でもトップクラスです。物資は若干待てば被災地に物資は届きます。避難所に行けば何か食べさせてもらう事も出来ますし、場所によってはシャワーやお風呂も入れたりします。

 

衛生面

普段からは「おむつ」「携行離乳食」等の生きる為に補助が必要な備品を多く備蓄するべきです。また、女性は生理用品も必須でしょう。水が出せる場所であれば水が流せると思いますが、下水道の断裂等も考えられます。通常通りの使用は情報を待ってから使用すると良いでしょう。

たにさん
たにさん

災害時には「衛生面」の維持が思ったよりも重要な課題となります。不衛生が原因で体調不良になってしまう人も多いのが広域災害の特徴の一つです。

 

地震の噂

こううい時には必ずと言って良いほど出てくるのが「次の地震」の占い師ですw 自衛隊友達からの~、現地救援活動している友達の消防士が~、地鳴りが凄くて、現地救援活動を中止しているから大きい地震が近い・・・などの話ですね。

1.(友達の)自衛隊(の友達)

2.(友達の)消防士(の友達)

必死で救援してくれていますよ、現地で。休みもそこそこに、重機動かしたり、スコップ持って掘ったり。72時間目の前にして、必死で必死でやってますよ。手が痛くなっても足が痛くなっても必死で必死で国民を助けようとしてくれていますよ。その気持ち分かってますか?全国の占い師さん。

周りに落下物がある状態で救援しないと行けなくて、その上で「揺れたら」逃げるでしょうけど、極力危険をなくした上での救援活動を行なうので、逃げないですよ。国民を守る人達はなかなか。

 

たにさんは直接消防署に電話して確認しました。

救援の手を止めるという事は、見捨てていると同義語ですよね、我々が。ありえないです。そういう話があるのは常なのですが、悲しいですね。

と言っていました。

「噂話は信じるな」

「大規模な地震」の場合は余震だか本震だかの揺れは長く起こりますから。気象庁が言っているように1週間程度の警戒は絶対必要ですよ。

前震と呼ばれる地震はWikipediaで見ると「東日本大震災」と「熊本地震」の2件だけでした。これは研究不足なのかもしれませんが。警戒心を解く必要もないですが、過剰に警戒心を煽る必要もないです。

たにさん
たにさん

地震が起こったら情報収集して落ち着いて行動。避難が必要なら避難。

 

情報源

こんな時はやっぱりラジオです。とても助かります。ワンセグ等の機能を使う事も可能でしょう。

 

こんな話がありました。

みんながみんな受信すると受信しにくくなるから控えて

 

そんな事ないから大丈夫ですw 常に「発信され続けているもの」を「受信するだけ」なのは何も問題ないです。そんな事言ったらラジオも同じ理論でNGになります。デジタル放送で○×ゲームを行なう場合は送信がありますからデータ量は変わりますでしょうが・・・送信出来ない可能性は出てくるかもしれませんね。

 

たにさん
たにさん

情報収集の為に、ラジオ・スマホ携帯のワンセグは活用しましょう!まずは情報収集です。

 

その他

スーパーやコンビニ、商店街、デパートの店員に対して、

「自分達は商品を十分に食べられるだろう、ずるい!」

という輩が居ました。

しん
しん

これは、もう・・・ね・・・。

 

同じ被災者なのに、店を開けてくれる

同じ被災者なのに、接客してくれる

同じ被災者なのに、売れるものは売ってくれる

 

こんな人達に対して、

 

たにさん
たにさん

同じ被災者なのに、あんた達何言ってんの?

 

ですよ、ほんと。

 

売る側の人間だって人間なんですよ。生きる力が無いと活動も出来ないですよ。実際には満腹とは行かないまでも、内部人員への配給はありますよね。当然ですよ。でも好きなもの食えるような環境じゃない事は確かです。

たにさん
たにさん

冷静に考えて、落ち着いて行動して下さい。普段からこういう飛び抜けた事言う人達が多い訳じゃないのは信じてます。

 

最後に

たにさん
たにさん

休めれる人は休んで下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました