傷口の消毒

この記事は約1分で読めます。

傷口には「マキロン」等で消毒するのが基本であるとお思いの方も多いのでは?

 

 

実は、近年の医療現場では消毒液を推奨しない医師が多くなっています!

 

なぜか?

 

人は傷を負うと、その傷を治そうとする菌が体から生まれますが、消毒液はその治そうとする菌もやっけてしまうからだそうです!

 

 

なので、お医者さんが傷の治療をするときは、「生理食塩水」で細菌を洗い流す程度がほとんどらしいです。

手術とかになれば、切開する前に消毒してから行なっていますね。それは当たり前か・・・^^;

 

■ 傷口に消毒液はNG?の根拠

ネットで調べると、結構信用できそうなところが提唱しています☆

消毒はしなくてもOK!? あっと驚く傷の手当ての新常識:薬と応急処置|eo健康
eo健康 ヘルスケア:ケガややけどをしてしまったら、まずは傷の手当てに“消毒”を想像しがちですが、その方法、実は私たち人間の自己治癒力の妨げになっているのです。
ページが見つかりませんでした – 一般社団法人 奈良県医師会

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました