Sprouts(SPRTS)

この記事は約16分で読めます。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”tanisan.png” name=”たにさん”]仮想通貨「Sprouts(スプラウツ)」についてまとめます☆なにか間違っているところや、正しくないところがあれば、ツイッターやお問い合わせフォームからでもいいので、ご指摘いただけると嬉しいです![/speech_bubble]

もくじ

仮想通貨とは?

仮想通貨そのものについて知りたい方は、当ブログの「仮想通貨(暗号通貨)」を読んで下さい。

 

Sproutsとは?

基本情報

 

公開日 2015年6月30日
通貨名称 Sprouts(すぷらうつ)
ティッカーシンボル SPRTS
総供給量 無し
プレマイン 無し
ブロック生成時間 150秒
マイニング方式 PoS/PoW
マイニング報酬 1日毎に2%
アルゴリズム SHA256D
成熟期限 65年

公式説明

Sproutsは、初期の開発陣によって生み出され、1日当たり約2%という高いPoS報酬率などの話題性によりコミュニティを拡大させてきました。 しかし、3年間にわたる開発停止の間に通貨の価値は希釈され続け、現在インフレ状態に陥っています。

そんな中、2018年1月、Sproutsに可能性を見出した有志によって我々は非公式運営として活動をはじめ、新たなコミュニティを形成しました。 現在はSproutsの可能性に惹かれた数多くの新たなホルダーが集いつつあります。 これまで、我々は当初10名程度であった日本の保有者を3ヶ月で5600名のコミュニティにしました。

2018年3月、その活動成果を見て可能性を感じた旧開発陣より運営を譲渡され、我々は公式運営としての活動をスタートさせました。 そこで我々はSproutsの再生のためにハードフォークを実行することにしました。Peercoinをベースにした新しい仕様を採用し、現在テスト運用中です。

そしてハードフォークで変更するPoS報酬の仕様について、方針を決定しました。詳細はホワイトペーパーをご確認ください。

(公式サイトから引用)

 

Sprouts はもう既に死んだコインなのでしょうか?答えは NO です。

Sprouts は、初期の開発陣によって生み出され、高い PoS 報酬率などの話題性によりコミュニティを拡大させてきました。しかし、3 年間にわたる開発停止の間に通貨の価値は希釈され続け、

現在では Dead コインと呼ばれています。

2018 年 1 月、私たち運営チームは、Sprouts に可能性を見出した有志によって、非公式運営として活動をはじめ、新たなコミュニティを形成しました。Sprouts の可能性に惹かれた数多くの新たなホルダーが集いつつあります。2018 年 3 月その活動成果を見て可能性を感じた旧開発陣より運営を譲渡され、現在私たちは、Sprouts の再生に向け日々取り組んでいます。

(公式サイト「ホワイトペーパー」から引用)

 

 Sprouts をさらに発展させていく為、アクションの軸となる Sprouts のニューコンセプトとして『創造・可能性・才能の支援』を掲げます。「絵が上手くなりたい」から「アイドルになりたい」まで、あらゆるチャレンジを支援する、また 1 対多の双方向コミュニケーションの基盤として、Sprouts は挑戦者と支援者の架け橋を担います。

私達にはその為の、ほかの通貨では簡単に真似できない強力なコミュニティが既に存在しているのです。Sprouts の発展のためには、コミュニティの皆さんの協力も極めて重要な要素となってきます。

(公式サイト「第二弾ホワイトペーパー」から引用)

 

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”shin.png” name=”しん”]「もやし」って言われる仮想通貨なので、農業関係の仮想通貨かと思いましたw[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”tanisan.png” name=”たにさん”]これから何かを作り上げる、育てる可能性を応援する仮想通貨って事だね!日本のコミュニティの活動が認められて、正式に譲渡されたっていう経緯も凄いよね![/speech_bubble]

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”yuuto.png” name=”ゆうと”]私の推し通貨です![/speech_bubble]

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”tanisan.png” name=”たにさん”]…突然出てきたな!w[/speech_bubble]

 

歴史

始まり

2015年

6月30日
Sproutsが「慈善活動」に活用される仮想通貨として公表される。
BitCoinTalkには主にステーク状況や上場等の話で活発な活動の記録が残される。

7月
BitCoinTalkにロゴが投稿される。

海外取引所「C-CEX」へ上場の投票が行なわれる。

8月
上場に伴い、価格が高騰。

 

2016年

BitCoinTalk上では、サポートや上場の事についての議論は見受けられたものの、目立つ開発及び活動は見受けられず、1年が過ぎる。

 

2017年

2月
Sprouts公式よりBitCoinTalkに新ウォレットの発表と共に新たなスレッドが立つ。

12月
ETHベースの初PoSコインの発表と、Sproutsとのスワップが発表されるも、開発からの猛反発により、これを却下。発表のコインは新規別コインとして扱われる事になる。(当初Sprouts+と発表されたが、 新規コインとして「Auxilium」となる。)

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”yuuto.png” name=”ゆうと”]つまり、全く別物という理解でいいんですか?[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”tanisan.png” name=”たにさん”]うん!新旧開発チームの人達は一切関与していないコインだから、全くの別物だね![/speech_bubble]

 

2018年

1月
Sproutsの非公式Discordコミュニティが開設される。
日本公式Twitterが開設される。(Sprouts日本公式Twitter
「もやたす」が公開される。(作者:moya4さん)

DiscordBOT「もやたす」がコミュニティメンバーによって作成される。
(作者:Kojiraさん、Kobaさん、nachicoさん、すねおやじさん)

 

2月
節分イベントが開催される。
バレンタインイベント「もやたすのバレンタイン大作戦!」が開催される。
バレンタイン限定ツイッターイベントが開催される。
開発主体が日本側に譲渡され、日本コミュニティがSproutsの公式となる。
(Discordは非公式のままいくとの発表)
DiscordBOTに「占い」の機能が追加される。⇒(占いアイデア投稿ページ)

 

 

たにさん参加の時

3月
ひなまつりイベントが開催される。
たにさんがTwitterでSproutsの話題が上がっていた事を見て知る。
発行枚数が4兆を超える。
ランダム出荷イベントが開催される。
ジャックポットイベントが開催される。
ゲリラランダム出荷イベントが開催される。
TipBot「Sensu」がSproutsに対応する。

4月
エイプリルフールイベントが開催される。
Discordコミュニティが公式コミュニティの一つとして活動する方針が発表される。
ロゴコンテストが開催され、投票が募られる。
Sproutsが復活したというアナウンスがBitCoinTalkに投稿される。
祭り機能紹介ツイッターイベントが開催される。

 

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”tanisan.png” name=”たにさん”]ディスコード上の「お祭り」は、はっきり言って圧巻だね!盛り上がり過ぎてビックリだよ![/speech_bubble]

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”yousay.png” name=”ゆうせい”]ディスコードの機能を活かした良いコンテンツですよね!分かりやすい参加型なのはとても嬉しいです。[/speech_bubble]

 

5月
ロゴコンテストが終了し、1点のロゴが公式ロゴとなる。

DiscordBOTに「祭り」「シークレット」「ジャックポット」「鬼の乱」の機能が追加される。
たにさん、Twitter上で「なすてる」さんのあたれらで200万SPRTSが当選する。
なすてるさんのツイッターはこちら(https://twitter.com/NasteL_cs)

20億送金エラーバグの詳細が解明される。
日本語版及び英語版の公式ホームページが公開される。
ホワイトペーパーが公開され、今後の方針等が発表される。
新体制になり、ハードフォークを検討している事を発表。
Discord上でハードフォークの賛否投票が行なわれる。投票の結果、ハードフォークの実施賛成多数との結果のため、ハードフォークが決定される。
ウォレットスプラッシュ画像コンテストが行なわれ多数の応募が来る。

 

イベント「鬼の乱」が開催される。
ドット絵お絵描きイベントが開催される。
20億バグ(現行のウォレットでは20億SPRTS以上のトランザクションが扱えない問題)に加え、ステーク時に20億SPRTSを超えてしまう場合、報酬が受け取れないバグ等、関連するバグが複数発見される。

 

6月
ウォレットスプラッシュ画像コンテストから1点の作品が決定される。


新ウォレットがリリースされる。新しいウォレットは送金400億まで対応する等、既知のバグは改善されたものとなるが、仕様はハードフォーク後に有効化される。

現在のウォレットを改造して20億以上のトランザクションを扱えるようにすることもできますが、 20億上限を引き上げたウォレットを配布してしまうと、20億のトランザクションを承認するウォレット同士で他のチェーンへ分岐してしまいます。

その場合、CEや他の正常なチェーンへの送金が不可能になります。(※もし20億の不具合で残高が取り出せなくなった場合は個別にやり方を案内するのでご連絡ください。)

この問題はリリース予定の新ウォレットで対応されますが、チェーンが分岐してしまうため、上限が400億になるのはハードフォーク後になります。

各自で20億を越えるウォレットを作成して配布などを行うとチェーンが分岐する危険が高まるため、絶対にやめてください。

なおウォレット内のトランザクションの総量に関しては20億を越えても特に問題はありません。 いかなる時もブロックに刻まれるトランザクションの合計が20億を超えることの無いよう注意してください。

(公式発表より引用)

 

ハードフォーク後の仕様、コンセプトと今後の方針が記載されたホワイトペーパー公開。
ランダム出荷イベントが開催される。
たにさん、雑談チャンネルで質問する暴挙に出る。(ほんとにごめんなさい)
たすもんベータ版が公開される。

 

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”tanisan.png” name=”たにさん”]振り返ってみると、毎月毎週のようにイベントが盛んに行なわれているね!DiscordのSproutsのBOTは皆可愛い!7人もいるんだね@@[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”ash.png” name=”あっしゅ”]もやたす、かかおたす、しいたす、たえちゃん、たすもん、もやすけ、もやたす…ブツブツ…[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”tanisan.png” name=”たにさん”]覚えるつもりか・・・![/speech_bubble]

 

6月29日
新キャラ「もやぜろ」のキャラクターデザイン公募がコミュニティで行なわれる。

6月30日
新キャラ「もやぜろ」のキャラクターデザインが決定し、お披露目となる。

7月7日
ハードフォークが行なわれ、新ウォレットのみ、ノードへの接続が可能となる。
コミュニティオリジナル育成ゲーム「たすもん」がリリースされる。

7月11日
たすもん公式ツイッター創設記念イベントが開催される。

7月21日
1日限りで、鬼の乱イベントが開催される。

7月28日
上場投票イベントが開催される。

8月12日
たすもん通販がオープンする。(サイト名:たすもん研究所)

たすもん研究所 - BOOTH
たすもん 魔法使い スマホリング(¥ 1,100), たすもん 魔法使い クッションカバー(¥ 3,550), たすもんロゴ ステッカー(¥ 500), たすもん ペンケース(¥ 3,830), たすもん タオル 大(¥ 2,120), たすもん タオル 小(¥ 2,020), たすもんロゴ マスキングテープ 20mm...

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”ash.png” name=”あっしゅ”]グッズすごい可愛い!!!![/speech_bubble]

9月2日
スタンプ出荷機能がリリース。

9月4日
上場進捗情報が詳細に、数日に渡りコミュニティより公表される。

9月18日
バーンはしばらく行わない方針が発表される。

10月6日
上場に伴う寄付受付について発表される。以降、寄付状況の報告が詳細に行われる。

10月21日
海外取引所「ProBitEx」へ上場する。

11月7日
海外取引所「BiteBTC」へ上場する。

11月23日
プロゲーマーチーム「All Rejection Gaming(ARG)」のスポンサーとなる。

All Rejection Gaming(https://allrejection.com/)

11月24日
Discordコミュニティ内のチャンネル整理が行われる。

2019年

1月17日
仮想通貨情報発信プラットフォーム「Nextmoney」とメディアパートナーシップを締結。

3月3日
「Coin Trading News」と契約する。

 

 

「もやたす」達の誕生日

「初めて呼称」された日を誕生日として掲載しています。
※公式な誕生日の発表はありません。

  • もやたす 1月9日
  • かかおたす 2月5日
  • しいたす 2月10日
  • もやすけ 2月20日
  • たえちゃん 3月5日(たえたすが正しい呼び名)
  • たすもん 3月16日
  • もやぜろ 6月30日

 

ウォレットの導入方法

公式サイトから案内されているウォレットをダウンロードしましょう!

導入の流れ

1.公式サイトにアクセスします。⇒ (https://www.sprouts-coin.org)

 

2.ページ中部にの項目があるので、自身のOSに合ったものをダウンロードします。

 

3.ダウンロードしたら、好きな場所で展開し、起動します。

※旧ウォレットとはアイコンとファイル名が違いますので確認しましょう!
名称:旧「sprouts.exe」 新「sprouts-qt.exe」

 

4.ブートストラップをダウンロードします。⇒(公式Github)

 

5.ブートストラップを解凍すると、3つのファイルとフォルダが出来ますので、そちらをブロックデータが保存されている場所にコピーします。

※ 通常はWindowsは「\Users\(ユーザー名)\AppData\Roaming\仮想通貨名」
Macは「/Users/(ユーザー名)/Library/Application Support/仮想通貨名」になります。

 

6.ブロックチェーンデータの同期が始まりますので、少しだけ放置します。

※ブートストラップが無い場合、1日中かかる場合がありますので、気長に待ちましょう!

 

6.同期が完了した場合、赤い警告文字や下部の緑色のバーが消えているはずです。

 

※ もしもエラー等によってインストールが出来ない場合は、Sprouts日本公式Discordの #helpチャンネルで聞いてみましょう!

 

マイニングの仕方

SproutsはPoS方式のマイニングを採用しております。獲得した通貨をデスクトップウォレットに入れておくことでマイニングが開始されます。暗号化はしなくてもマイニング可能ですが、ハッキングの被害や、ウィルスの感染等によって盗まれる可能性も無くはないですので、ここでは暗号化をしてセキュリティ対策を施しながら、マイニングを行なう方法を記載します☆

1.デスクトップウォレットに通貨を入れましょう。

2.ウォレットを暗号化しましょう。設定タブをクリックすると「ウォレットの暗号化」が選択できます。

3.ウォレットの暗号化のパスワードを決めましょう。
※忘れたら何人でも復旧する事は不可能です。絶対忘れないようにしましょう!

4.ウォレットが一旦落ちます。落ちたのを確認したら再度立ち上げましょう。

5.ウォレットの設定タブをクリックすると「ウォレットのアンロック」が選択できます。
アンロックしないとマイニングが開始されません。

 

 

6.ウォレットをアンロックすると「Info: Minting suspended due to locked wallet.」の
注意書きが消えています。

 

7.ウォレットの右下が「」のような形になっていればマイニング出来ています。

 

取り扱い取引所一覧

国内取引所

  • 取り扱い無し

海外取引所

 

コミュニティ・ツール一覧

運営・開発関係者

旧開発・運営関係

 

コミュニティ

 

ツール

 

マイニングプール

  • 現在取り扱い無し

 

関連ブログ一覧

実店舗での利用

  • 現在取り扱い無し

お知らせ

     

    イベントレポート

     

    トラブルシューティング

     

    共通トラブルシューティング

     

    本ページを作成するにあたり、公式コミュニティーの方々にかなりのご協力を頂戴し、大変お世話になりました。この場をお借りして御礼申し上げます。

    ありがとうございました!

    タイトルとURLをコピーしました