ブロックが同期しない

この記事は約1分で読めます。

多くの場合は、承認しているブロックデータを持つサーバー(ノード)の情報を読み込むように設定してあげると同期が再開されるようです。情報を読み込ませる為には、設定ファイルを用意する必要があります。設定ファイルは各仮想通貨によって変わる可能性がありますので、必ずサポートを受けながら行なうと良いでしょう。

 

(参考)

ファイル名:仮想通貨名.conf

rpcuser=niwaca
rpcpassword=12345678
rpcallowip=127.0.0.1
rpcport=1234
daemon=1
server=1
gen=0
addnode=***.***.***.***

(上記内容を書いた設定ファイルを、ブロックデータがあるフォルダのトップに置きます)

コメント

タイトルとURLをコピーしました