マイニングの種類

この記事は約6分で読めます。

マイニングと言っても、やり方が一つではなく、理解しておくべき事が多く有ります。一通り調べてみた内容をまとめてみました!

もくじ

マイニングとは?

マイニングとは、「採掘作業」を意味し、仮想通貨におけるマイニングとは「定められた方式を用いて仮想通貨を得る事」を意味します。一言にマイニングと言っても、CPUを使う方法・GPUを使う方法・保持する方法等と多岐に渡っています。

マイニング方式

その仮想通貨が、どのような方式で仮想通貨を発行するのかを知る必要がある為、公式サイトを見て情報収集から始める必要があります。知名度で言うと一番高い「BitCoin」は「PoW」という方法のマイニングを行なう事で獲得する方式です。以下、その方法をまとめてみました。

PoW(プルーフ・オブ・ワーク)

ビットコインが採用している。マシンパワーを使って膨大なデータを処理(承認や計算)を実行している為、その仮想通貨を獲得する為には、相当なパソコンを用意しなければならない。

多くのノードを介して、取引の正当性を承認する為、たった一つのノードが不正アクセスに遭い、改ざんが行われたとしても、承認されなければ無効となる事から、セキュリティは高い方式と言えるが、所持している者へのハッキング等で奪われるケースも少なくない。これは取引所や自身のウォレットのセキュリティ対策の不備や、ハッカーのスキルによって変わるものの為、そのマイニング方式自体のセキュリティ方式に問題は無い。

既存の仮想通貨で例えるならば、BitCoin・Monacoin・BitZeny等がある。

 

PoS(プルーフ・オブ・ステークス)

その通貨の保有数によって、定められた利率の新規発行を得る事が出来る方式。特別な計算や処理を行う事なく通貨を増やす事が出来る為、パソコン操作に自身が無い者でも始める為のハードルは低い方式と言える。

承認方法2通りあり、PoWに「保有日数に応じて配当する確率を上げる方式」と「保有枚数に応じて配当する確率を上げる方式」の2通りで、前者・後者共に「確率」である。PoWとは違い、ブロックチェーンの全てを計算し、承認する方式ではなく、保有日数や枚数に応じて必要な承認件数を処理する事から、大きなマシンパワーは必要としない。

既存の仮想通貨で例えるならば、XP・BUZZ・PIVX・XGOX・StrongHands・San De Go等がある。

 

DPoS(デリケーティッド・プルーフ・オブ・ワーク)

「D(Delegated)」とは、委任を意味し、所有者の投票によって委任された者が承認する方式。委任された者は、マイニングで得た報酬を投票者に分配する方式。承認も迅速に行われ、所有者の投票によって委任される環境でマイニングする事で、その通貨の発行状況に透明性を持たせた方式でもある。

既存の仮想通貨で例えるならば、BitShares・Lisk等がある。

 

PoI(プルーフ・オブ・インポータンス)

重要度が高い通貨保有者が承認をする方式。重要度は総合的に判断される事がほとんどであるが、方式を採用した通貨運営者・開発によって変更される。通貨運営者・開発側の運営元が信用・信頼を公に受ける事が出来るような場合(企業・団体等による運営)はこの方式が有効。

既存の仮想通貨で例えるならば、NEM・VEN等がある。

 

PoC(プルーフ・オブ・コンセンサス)

80%以上が認めた企業や機関だけが、取引の合意検証をする作業ができる方式。中央集権型に酷似する為、仮想通貨界隈では批判的に考える者も少なくない。

既存の仮想通貨で例えるならば、Ripple、CasinoCoin等がある。

 

PoB(プルーフ・オブ・バーン)

「燃やす・焼失」といった意味を持ち、その仮想通貨を使用できなくする方式。新たに派生する仮想通貨を開発した場合等に用いられる方式で、Aという仮想通貨がA+に生まれ変わりますという場合によく見られる。また、十分に発行された通貨を、誰も取り出す事が出来ないアドレスに通貨を送り、完全に使用出来なくしてしまう事で、流通枚数を減少させ、通貨の価値を上げる為にも用いられる方式でもある。

既存の仮想通貨で例えるならば、Qibuck・Slimcoin等がある。

マイニング方法の種類

現在のところ、CPUによるもの、GPUによるもの、ASICと呼ばれる専用マシンを使うものの3種類があります。

CPUマイニング

コンピューターのCPU(セントラル・プロセッシング・ユニット)を使ってマイニングする方法。ほぼオールマイティに何でも計算する事が出来るCPUを用いてマイニングする。アルゴリズムによってはCPUマイニングしか出来ないもの、CPUマイニングの方が効率が良いものがある。コンピューターの動作にも大きく影響してしまうのが難点。

 

GPUマイニング

コンピューターのGPU(グラフィック・プロセッシング・ユニット)を使ってマイニングする方法。グラフィック表現に特化した計算力を用いてマイニングする。アルゴリズムの違いによっては効率・非効率があるのはCPUマイニングと同じ。CPUに負荷は掛からないので、コンピューター自体の動作には影響は少ないが、グラフィック表現が著しく落ちるので、ゲームやモデリングを行ないながらマイニングする等はGPUに大きな負担を掛ける事になる為、結局はコンピューター全体への影響が出てしまう。

 

ASICマイニング

完全にマイニングに特化した専用の機械でマイニングする方法。マイニングに特化している機械なので、逆にASICで他の作業は出来ない。この機械を導入するまでの人はマイニングの方法等は完全に分かっている人がほとんど。アルゴリズムの違いによっては効率・非効率があるのは他のマイニング方法と同じ。廃熱等も尋常じゃないので、稼動環境も整えなければならない。

プールマイニングとソロマイニング

マイニングを行い仮想通貨を獲得する方法として、プールマイニングとソロマイニングの2種類があります。

プールマイニング

複数のマイナーによってマイニングされたハッシュ(結果)を、指定されたアドレスへ送り、その報酬をマイニングに参加したマイナーへ分配する方式。ユーザー登録が必要なマイニングプールは「MPOS」と言う。また、ユーザー登録が不要で、指定されたマイニング方法でマイニングする事で分配報酬を得られるマイニングプールを「NOMP」と言う。どちらも「複数でマイニングする」という事においては同じ。

 

ソロマイニング

一人でマイニングする事。ブロックを発見し、そのブロックがブロックチェーン上で正しい結果である事が承認されれば、ブロックに設定されている報酬枚数全てが自分ひとりで獲得出来る。マイニングしている仮想通貨が有名になり、マイナーが増えてくると難易度が上がり、獲得が難しくなる。難しくなれば、より大きなマシンパワーが必要になる。大きなマシンパワーを持っていれば、また通貨を獲得出来るが、さらにマイナーが増えれば増えるほど全体的な難易度があがるが、ソロマイニングの報酬が大きい為、ある程度になるまではソロマイニングでマイニングする方が多く獲得出来る。

コメント

タイトルとURLをコピーしました