CPUマイナーの設定(minerd260.exeのCPU Affinityについて)

この記事は約4分で読めます。

2018年1月26日に、BitZeny開発に携わっている一人「macchky」さんより、新しいCPUマイナーが発表されました。新しいCPUマイナーには、CPU Affinityを設定する事で、使用するコアを指定する事が出来る機能が追加されました。これにより、今まで使用していたCPUマイナーよりも効率的に、且つCPUに対する負担をコントロールする事が可能となりました。

もくじ

ダウンロード

GitHubにてWindows用のマイニングソフトがダウンロード出来るようになっています。また、32bit版をお使いの方も、下部に32bit用のマイニングソフトがダウンロードできるリンクがありますので、自分の環境にあったマイニングソフトをダウンロードしましょう。

Release v2.6.0 CPU Affinity Option ! · macchky/cpuminer
Add --cpu-affinity Option Set cpu affinity by Hex or Dec mask Example for Quad Core CPU: --cpu-affinity 15 = 0xF -> 0b1111 All Core .zip contains Windows and L...

CPU Affinityの機能説明

CPUマイナーでマイニングする際に使用するCPUの論理コアを指定します。

現在多くのインテル製CPUにはHTT機能(Hyper-Threading Technology)というものが搭載されており、1つしかないコアから、2つのスレッドに分け、仮想的に2つのコアにする機能になります。

例えば、Core 2 Quad は、2つのコアがありますが、HTT機能によって、スレッドは4つとなり、仮想的にCPUが4つあるかの如く、CPUを使う作業を行う事により、パソコンの動作を円滑にする事が出来るようになりました。

 

CPUマイナーでマイニングする際に使用する「論理コア数」を指定する事によって、マイニング効率をより詳細に設定する事が可能となったのです。

 

CPU Affinityの設定準備

使用環境を具体的に理解しておく必要があります。

 

1.自分のパソコンのCPU論理コア数はいくつなのか?

2.どれくらいの能力をマイニングに費やすのか?

 

を決めて下さい。

そして、CPUを使う場合は「1」、使わない場合は「0」という形で「2進数」で考え、使うCPUの論理コア数分の数字を並べます。8個の論理コアがあれば、数字は8個並びます。

 

例:

【条件1】

・論理コア数が8個だった場合
・CPU全ての力を使いたい場合

11111111

【条件2】

・論理コア数が8個だった場合
・CPU全体の5割の力を使いたい場合

10101010

【条件3】

・論理コア数が4個だった場合
・CPU全体の5割の力を使いたい場合

1010

 

となります。

 

もちろん、アナウンスにもあるように、Affinityは「10進数」または「16進数」で設定しなければなりません。自分が使いたい条件で、2進数で数字を出した後は

 

2進数、8進数、10進数、16進数相互変換ツール(https://hogehoge.tk/tool/number.html)

 

にアクセスして、数字を10進数、または16進数に変換させましょう。

CPU Affinityの設定

それではCPUマイナーを設定します。ここでは「BitZeny」をCPUマイナーで、「うさぎコイン発掘所」さんに対して設定します。

マイナーを立ち上げる「.dat」ファイルの中身を「設定準備の条件」に従うと下記のようになります。

【条件1の場合】

「11111111」を10進数に変換すると、「255」となるため、

minerd260 -a yescrypt -o stratum+tcp://bitzeny.bunnymining.work:19334 -u niwaca.niwaca1 -p 1234 –cpu-affinity 255
pause

【条件2の場合】

「10101010」を10進数に変換すると、「170」となるため、

minerd260 -a yescrypt -o stratum+tcp://bitzeny.bunnymining.work:19334 -u niwaca.niwaca1 -p 1234 –cpu-affinity 170
pause

【条件3の場合】

「1010」を10進数に変換すると、「10」となるため、

minerd260 -a yescrypt -o stratum+tcp://bitzeny.bunnymining.work:19334 -u niwaca.niwaca1 -p 1234 –cpu-affinity 10
pause

マイニングする前に・・・

お使いのパソコンで、マイニングする際に、同時にどのようなパソコンの使い方をするかによっては、設定しても大きな効率の向上には結びつかないかもしれません。自分自身の使い方と相談し、どのような設定が良いか、色々試して設定してみましょう!

また、CPUを常に全力でマイニングする事はオススメ出来ません。常にマイニングするのであれば、常に70%程度の力でマイニングを継続実施する事をオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました