CPUマイナーの設定(-q)

この記事は約2分で読めます。

オプション設定で「-q」というオプションがあります。これは「採掘が成功した時のみ、その成果を表示する」というオプションです。おそらくオプションを設定していない場合、そのスレッド分の働きをマイニングソフトは行ないますので、マイニングしているコマンドプロンプトのウィンドウはこうなっているはずです。

しん
しん

ふん!

しん
しん

yay!!

しん
しん

ふん!

しん
しん

ふん!

しん
しん

ふん!

しん
しん

yay!!

しん
しん

ふん!

しん
しん

ふん!

しん
しん

ふん!

しん
しん

ふん!

しん
しん

yay!!

しん
しん

yay!!

しん
しん

yay!!

しん
しん

ふん!

しん
しん

ふん!

しん
しん

ふん!

正直、ログも長くなるし、うざいと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「-q」は「発掘が成功した場合のみログを表示する」というオプションですので、成功していないログは表示させないことが出来ます。では設定してみましょう。

 

しん
しん

ふん!

しん
しん

ふん!

しん
しん

ふん!

たにさん
たにさん

minerd260 -a yescrypt -o stratum+tcp://bitzeny.bunnymining.work:19334 -u niwaca.niwaca1 -p 1234 –q
pause

 

・・・

 

しん
しん

yay!!

 

・・・

 

しん
しん

yay!!

 

・・・

 

たにさん
たにさん

大分静かになりました☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました